LINEストーリー機能で「今」を配信しよう

2020/01/22

友達と、今の状況や見てもらいたい事柄などを気軽にシェアできる機能が「ストーリー」だ。

Instagramのストーリーズ機能を使っていいる人なら知っているだろう。 LINEのストーリもInstagram同様、動画や写真テキストなどを投稿でき、24時間でその投稿が消えるというもの。 投稿されたストーリーはタイムラインに公開され、コメントなどを送ったりすることが出来る。

友達のストーリーを確認する

  1. タイムラインをタップする。上部にストーリーを投稿した友達のアイコンが表示される。未読の場合はアイコンの周りが虹色になっている。

    ストーリーアイコンタップ
  2. 再生したい友達のアイコンをタップすると、初回時のみ説明画面が表示される。
    ストーリー初回画面
  3. ストーリーが再生される。複数ストーリーが投稿されている場合、自動で次のストーリーが再生される。画面を左右にスワイプすると、他の友達のストーリーに切り替わる。

リアクションをする

  1. リアクションをしたいストーリーをタップして再生する。「いいね」アイコンをロングタップする。
  2. 6種類のアイコンが表示されるので、好きなアイコンをタップしてリアクションする。
  3. メッセージを投稿する場合は、手順1メッセージ入力欄をタップして入力し、送信する。送信したメッセージは、友達とのトークルーム上に表示されるので、他の人に見られる心配はない。

ストーリーを作成して投稿する

  1. タイムライン画面の上部にあるストーリーアイコンをタップする。
    ストーリーアイコンをタップ
  2. カメラが起動するので、シャッターアイコンをタップして動画の撮影を開始する。下部の写真やテキストをタップして撮影モードを切り替えることも可能。撮影済みの動画や写真を使用したい場合は、右下のサムネイルをタップしよう。
    シャッターアイコンをタップ
  3. 動画を撮影し、シャッターアイコンをタップして終了する。一度に15秒までの撮影が可能だ。
    シャッターアイコンをタップ
  4. 右上のアイコンから、消音、スタンプ挿入、テキスト入力、動画の切り出しが可能なので、好きな加工を行おう。続いて、右下の公開範囲をタップする。
    右上のアイコンと右下の公開範囲をタップ
  5. ストーリーは自分が公開した友達のみが閲覧できる。友達全体、または特定の友達にのみ公開などの設定が可能だ。
    公開設定画像
  6. 加工や公開範囲の設定が終わったら、送信アイコンをタップして投稿する。
    送信をタップ
  7. ストーリーが投稿され、タイムライン画面にアイコンが表示される。続けて投稿してもアイコンは1つだけ表示され、タップすることで連続再生される。